千葉ー大分キャラバン 復路&帰着

すっかり放置癖がついてしまった。。

前回からの続きを駆け足で。




実家到着の翌朝、早くに目が覚めたのでぶらぶら散歩。




外房の海とは違い、波のない穏やかな水面。
小学生のころから釣りや遊びの舞台だった海。

全然変わらないなぁ、と。




そんな海で、自分の子どもたちが泳ぐ。
魚を捕まえる。

そして新しくできたという川沿いのプールにも出かける。
ずっと水の中にいた実家滞在期間でした。




そして、あまりなついてくれなかった実家の犬にも別れを告げて帰路。
再びフェリーにて、四国に上陸。




徳島まで突っ走って、念願のあのお方と待ち合わせ。。

海猿さんはブログでのハイテンションな文体とは裏腹、とても落ち着いた渋い声のおじさまお兄様でした。

お土産に頂いた焼酎も旨かったんだぜ?




チビにカメラを渡してたんだけど、鳴門のうず潮が撮れてなーい!
とかなんとか、大騒ぎをしつつ今回の旅の中継点にしていた淡路島へ再上陸。




ひとり運転手なので、無理せず慌てずがモットーだった今回の旅。

往路はSAでの仮眠でしたが、復路はオートキャンプ場にて一泊。
淡路じゃのひれオートキャンプ場にあるコテージ代わりのエアストリーム。
ここに泊まることは、ボク的に今回のメインイベントでもあったんだけど、本当にいいなぁ。。欲しいなぁ。。

と、物欲が増す一方でした。


いつかね、いつか…






ここはイルカと泳げるよ!って言ったんだけど。。




シュノーケリングの楽しさを覚えつつあるチビどもは、それどころではなく。。

ただ波にもまれて遊んでるだけの去年までから
少し成長した、今年の夏休みの証とでも言っておこうか。

チェックアウトの直前まで海の中。




さて、ここから一気に千葉まで。

途中、大阪時代にお気に入りだったたこ焼き屋を15年ぶりに訪問したり。



楽天ブログ時代からの友人が独立するとのことで、京都に立ち寄り。
まだオープン前のお店で8年ぶりに再会。

もうオープンしてますよ→マンテンサイクル




滋賀県あたりからだと、自宅まで約500km。

なんだ、近いじゃんね?と完全に距離感が狂った旅ですが
あとはひたすら家を目指して伊勢湾岸~新東名~首都高~東関道とひた走り、日付が変わる前に無事到着。






出発前には親指ほどしかなかった家庭菜園のきゅうりが
こんなに大きくなっててビックリ!な、2013夏休みバンザイ!




総走行距離:2022km(概算)


関連記事
スポンサーサイト

Comment

PULさん

やっぱり海の透明度は段違いですね。
そして写真はないけど、潜るとカラフル。

もうしばらく運転はいいや~って思ったけど
ひと月過ぎると、どこかに行きたい病が。。

  • 2013/10/01 12:35
  • hide
  • URL
南国の海って感じでいいっすなぁ
晴れ晴れとした空と青い海はアメ車が良く似合う
運転の疲れっした。
  • 2013/09/20 19:48
  • PUL
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。