丑三つの刻の話・完(オチ?)

  • Day:2009.08.17 11:44
  • Cat:xoxo
-

さて、前記事のクローゼットからの「音」の正体ですが。。


上記写真の「音の出る絵本」でした。


前記事の終わりに「おぼろげに正体が見えてきた」と書いたのは
よくよく音を聞くと、クリスマスソングだったからなんですね。

ただ、レコードでいう「回転数が遅い」状態で、
なんともくぐもった間延びした感じだったのでピンとくるのに時間がかかったのです。

回路がショート(?)したのか、誰も手を触れていないのに音が鳴り出すのは
やっぱりちょっと怖い気もするけど、な~んだ、って感じでしょ。


でも。。
ひとつ気になることがあったから確かめてみたんです。
そしたら「やっぱり…」って結果でして。













-

以前、この絵本の電池を抜いたの覚えてたんですよね。。







以上、夏らしい話でした。



関連記事
スポンサーサイト

Comment

ロンさん

オチ、なんて書いたら怖さ半減ですね(苦笑

でも「音」がクリスマスソングってのも
あんまり怖さを感じない一因かもしれません。

とりあえず家族には黙っておきます(笑


  • 2009/08/17 19:00
  • ひで
  • URL
オチとしてパ~フェクトであります。

これまでの人生、その類は一度も経験したことが無いのが幸いです。

今後も出会わない事を、切に願います!!!
  • 2009/08/17 12:45
  • ロン
  • URL
Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。