baby arrived

  • Day:2009.06.05 11:59
  • Cat:xoxo
-

産まれました。


って1年以上前の記事を貼りましたが、さすがにこの時のコドモ…ではないですね。

卵ではなくお腹に赤ちゃんを宿す「胎生」な、この魚。
気がついたら14~5匹のbabyたちが泳ぎ回っていたので
別水槽を用意して、そちらに引っ越させました。喰われちゃうかもしれないらしいので。



さて、先ほどからこの魚の名前を書いていないのですが…(名前は過去記事で

なんと1年前は知らなかったのですが、この魚は「特定外来生物」なんだそうです。
Wikipediaによると。。


2006年2月には外来生物法施行令により、特定外来生物として指定された。これにより日本国内での、特定外来生物としての輸入、販売、頒布、譲渡、飼養が制限を受け、放つことが禁止され、最高三年の懲役、または三百万円の罰金刑の対象となっている。

2009年現在、本種は国際自然保護連合(IUCN)が選定した世界の侵略的外来種ワースト100[1]および日本生態学会が選定した日本の侵略的外来種ワースト100[2]の双方にそのうちの1種に選定されている。




つまり、飼っちゃだめだと。
んなことしてると懲役か罰金ですよ、と。





…知らんかったがな。


また、


繁殖力が強く成長が早いうえ、自種を含む淡水魚の卵や稚魚を多く捕食するので、日本における近年のメダカ減少の原因の一つにも挙げられている。いつの間にやら水域のメダカがカダヤシに置き換わっていたということもあるが、一般にはカダヤシという種の存在さえあまり知られておらず、置き換わっていると気づかれないことが多い。



と、いうことなんだそうです。

ウチはまさにメダカと思い込んでて「カダヤシという種の存在さえあまり知られておらず、
置き換わっていると気づかれないことが多い。 」状態で
飼ってたのですが、その場合ってどうなんでしょね?
ネット上の飼育日記系の方々も、知ってるのか知らないのか。どっちなんだろう。



まぁ、こういう外来生物をむやみに放流することの影響は
ボクなりに承知しているつもりなので、そんな愚かなことはしませんが
かといって1年以上コドモタチと飼育してて、息の根を止めるというのも情操教育的にどうかと。

いまさら元の池に戻しても、もちろん違反なわけで。。(そもそも持ち帰った時点で禁止項目の“運搬”に該当)




…しばらく“保留”状態のまま良策を考えるつもりです。












関連記事
スポンサーサイト

Comment

PULさん

生命力というか繁殖力はすごいですね。
ビデオは…どうしましょ?(苦笑

  • 2009/06/05 18:32
  • ひで
  • URL
Novさん

な~るほど。
それなら…ありがとです。

さて後はどこで手に入れるかですなぁ。。

  • 2009/06/05 18:28
  • ひで
  • URL
ほほう 随分生き残るものですね
捕食生物を同居させて捕食の瞬間をビデオに
撮ってみたりとかw
  • 2009/06/05 15:31
  • PUL
  • URL
しばらくしたら、そこにオヤニラミを入れるとよい。


  • 2009/06/05 15:31
  • Nov
  • URL
Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。