一人映画メモ

ここ何週間かの間のうちに、時間を見つけて一人映画してきました。


まずは絶対観ようと思っていたカムイ外伝

小学生の頃、夕方にTVでアニメ放送してて
すんごいハマったんですよね。

特にこの主題歌↓



とにかくかっこ良すぎてヤバかった。
ストーリーもコドモながら「深い…」なんて思った記憶もあり。

しかしこのOP映像だけでも、今ならPTA卒倒物ですかね?
バンバン人が死ぬし、血も流れるし。
文句言う親がいるんだろうなぁ。。


で、肝心の映画は…多くのネットレビューにある通りで
“安っぽい○G”に、正直すっかり我に返る場面もありました。

せっかく長い時間をかけて撮影したのに(沖縄ロケの過酷さを宣伝の売りにもしていたのに)
なんだか「悔しい」って感想でした。自分が撮った訳でもないのにね(苦笑




んで、そんな後味を払拭できる作品はないかしら?と思って探してたんですが
「時代劇には時代劇か?芥川だし。」

と思って、後日観たのがTAJOMARU



もうね…力が抜けました。。



中野監督、好きだったのにな。
らしさが全然みられなかったのは、なんでだろう?
いろんなしがらみがあったのかな?
もっとぶっ飛んだ映画であって欲しかった。


てなわけで、一人映画はちょいと消化不良のままなので
なんとかリベンジしたいのですが…こんなん見つけてしまった(笑 ↓





なんか過度な期待をしないままに楽しめそう。
観に行ってみるかな~


ちなみにこれ↓の監督さん。ユニークですな。




スーパー遺族!ドリル・ブラ!!
映画館で叫びてーーー(爆



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。